女性

60代は化粧品で大きく変われる|お肌の老化を食い止める

美しい肌のために

化粧品

早めにケアしましょう

毎日している肌のお手入れ。丁寧にお手入れしているはずなのに、乾燥肌にかたむいてしまうことってありますよね。肌は自分で感じている以上にストレスにさらされています。原因になるものは、ききすぎた空調や花粉など日常にあふれています。精神的なストレスや疲れも現代社会では、なかなか避けきれないものです。乾燥をすすめてしまうといわれている紫外線も、避けられないもののひとつです。外にいるときはもちろん、屋内にも紫外線ははいってきています。ストレスにさらされた肌が乾燥肌にかたむいてきているな、と気付いたら。とにかく早めにケアをすることが大切です。たっぷり化粧水を与えることで、肌にハリを輝きをとりもどしましょう。

どのようにつければよいか

乾燥肌にかたむいているときの化粧水を選ぶ際には、しっとりタイプのほうが保湿成分が多いのでおすすめです。普段よりもたっぷりと与えるようにしましょう。化粧水をつける際には、手でつける方法とコットンでつける方法があります。手でつけると、肌の調子を確認することができます。コットンでつけると、衛生的につけることができます。どちらにも良い点があるため、好みで選びましょう。ただし乾燥肌が悪化していてコットンでさえも刺激になってしまう場合には、手をつかって化粧水を肌にのせるようにつけるようにしましょう。皮膚をこすってしまうと摩擦によって乾燥を悪化させてしまうことになるので、力を入れ過ぎないようにするのがポイントです。